女性

公正に監理と施工ができる設計管理方式|注意すべき改正フロン法

定期点検が必要

ウーマン

環境に大きな悪影響を与えるとして、使用が制限されたものといえばフロンガスが挙げられます。かつてはエアコンや冷蔵庫などの冷媒として、フロンガスは広く用いられてきました。しかし、近年の研究によってフロンガスが地球のオゾン層を破壊することがわかったため、最新のエアコンや冷蔵庫ではノンフロンや代替フロンを用いたものが主流となっています。しかし、一部の古いエアコンにはフロンガスが未だに用いられているため、問題となっています。業務用の大型エアコンには、冷媒として限定的にフロンガスが用いられていることが多いです。いますぐ代替フロンのエアコンに取り換える必要はありませんが、フロンガスが用いられている以上、管理は徹底して行なわなければなりません。最近では改正フロン法によって、フロンガスを用いている業務用エアコンは定期点検が義務付けられました。もしも点検を行なわず、機器の劣化によってガスを流出させた場合、重い罰則を受けることになるため注意が必要となります。フロンガスが用いられている古い業務用エアコンを使用しているなら、エアコン工事を行なう専門の会社に点検を依頼しましょう。

エアコンの定期点検は、個人でも行なうことができるので、わざわざエアコン工事の会社に依頼しなくてもよいだろうと考える人は多くいます。しかし、業務用エアコンは室外機も大きく、さらに各フロアに設置したエアコン機器も検査しなければならないため、個人で行なうには負担が大きくなるでしょう。エアコン工事を行なう会社に依頼すれば、こうした負担もなく安全確実に点検を行なってくれるでしょう。