女性

公正に監理と施工ができる設計管理方式|注意すべき改正フロン法

エコな発電方法

葉っぱ

自然エネルギーを利用した発電方法は、現在国内だけでなく、世界的にも注目されている発電方法です。国内で現在主流となっている発電方法といえば、火力発電や原子力発電が挙げられます。しかし、どちらの発電方法も環境への負荷が大きいため、現在では別の発電方法が検討されています。自然エネルギーを用いた発電方法ならば、環境負荷を与えるダイオキシンや放射性物質を発生させないため、クリーンに発電を行なうことができます。自然エネルギーを使った発電といえば、太陽光発電や風力発電が挙げられます。しかし、太陽光発電では毎日の発電量にばらつきが生じ、風力発電では維持費や騒音による問題が発生します。そこで最近では、バイオマス発電と呼ばれる発電方法が大きな注目を集めています。廃棄物を燃料として発電ができるので、安定的な電力が得られる上、環境への影響も少ないのです。

バイオマス発電では、家畜の排泄物やゴミとして処分される木材チップを燃焼として使用します。化石燃料を海外から取り寄せずに済むためコストが掛からず、さらに燃焼させて出た二酸化炭素も、カーボンニュートラルの観点から考えれば環境負荷を与えてはいないので、非常にエコな発電法となります。電力自由化のニュースが話題となっている昨今、どの電力会社と契約をするべきか悩む企業も多いでしょう。自然エネルギーであるバイオマス発電を行なう電力会社と契約すれば、エコに貢献している会社というイメージを流布できるため、高い利益を獲得できるようになるでしょう。